よよぱちの今日から始める米国株投資

よよぱちのゆるふわ資産運用

米国株の積立投資を中心に、無理のないペースで資産を増やす方法を探っていくよ。

【割引】NHK受信料はクレジットカード12か月前払いに変更して節約しよう!【ポイントも貯まる】

f:id:yoyopachi:20181215214001j:plain

(内部留保が)“好況メディア”ってことですかねわかりません

こんにちは!よよぱちです。

 

みなさんはNHK受信料を払っていますか?テレビが無くても携帯やパソコンがあるだけで集金の対象となってしまった昨今、集金の魔の手から逃れるのは中々厳しい時代になりました。

 

そんな悪名高いNHK受信料ですが、クレジットカード払いにすれば安くなる上にポイントも貯まります。

どうせ払うなら少しでもおトクになるように、この機会に支払いを見直してみましょう!

地上契約で安くなる金額は最大1,730円/年

よよぱちの家は衛星契約を結んでおらず、地上契約のみでした。クレジットカードの2カ月払から12か月前払いに変更したので、表にある通り年額1,130円安くなりました。

 

振り込み用紙の2ヶ月払いだったなら、クレジットカードに変更して前払いに変えることで年額1,730円の節約になります。

 

特に納付書払いは支払用紙の発行手数料を含んでいるため余計にお金がかかります。十年単位で比較すれば、安くなってポイントも貯まるクレカ払いとの差は歴然となりますので、納付書払いの人は今すぐ変更すべきです。もったいないですよ。

f:id:yoyopachi:20181201131729j:plain・・・1,130円ぽっちじゃ大して変わらないと思うかもしれませんが!1,000円あればワンコインランチ2食分になりますし、文庫本1冊買えちゃいます。NHKに払うはずだったお金で美味しいものが食べられるって気分良くないですか?

 

衛星契約の場合は最大で2,590円も節約できます。個人的にはBSを見るくらいならNetflixやHuluを契約したほうが良いと思いますが、衛星対応マンションに住んでいる方はこの機会に見直してみてはいかがでしょうか。

 

手続きはネット上で簡単にできる

支払方法をクレカに変更する場合

現在の支払い方法が納付書や口座振替である場合や、使用するクレジットカードを変更したい場合は、「クレジットカードでのお支払い」より手続きを行います。

 

よよぱちは使用するカードを楽天カードに変更したかったので、こちらから申請しました。

画像はNHKホームページから引用しています。

f:id:yoyopachi:20181201133641j:plain

クレジットカードの変更がある場合もここから申請

f:id:yoyopachi:20181201134417j:plain

インターネット上で簡単に手続き可能

契約者の住所や氏名、電話番号を入力したあと、支払いに使うクレジットカード情報を入力して支払コースを選べばOKです。ここではもちろん12か月前払いを選択しました。

f:id:yoyopachi:20181201140044j:plain

確認画面で完了ボタンを押せば、手続き終了です。やってみればとても簡単でした。

f:id:yoyopachi:20181201140254j:plain

支払コースのみを変更する場合

すでにクレカ払いの方で、支払いコースだけを変更したい場合は、「支払コース変更」より手続きを行います。

f:id:yoyopachi:20181201140733j:plain

こちらも契約者の住所や氏名、電話番号等を入力すれば簡単に手続き出来ます。 

 

【PR】楽天ポイントを貯める

よよぱちは楽天ポイントが欲しくて今回のクレカ払い変更に踏み切りました。というのも、楽天カードのポイント還元率は1%と決して高くは無いですが、固定経費をかき集めると結構貯まります。ふと見返してみたら、3か月で3,000ポイントも貯まっていました。

f:id:yoyopachi:20190408191859j:plain

今年もポイントだけでふるさと納税できそう

楽天ポイントの良いところは、ポイントを使ってふるさと納税ができることです。ポイントで返礼品が貰えて節税にもなるのは楽天カードならではの強みです。私はカードを作った時のポイントで関市から包丁を貰っていて、今年は貯まったポイントが使えそうですね。

 

他にも楽天証券に100ポイントから積立投資を行ったり、楽天市場で商品を買ったりと使い勝手が良いので、まだ持っていない人はこの機会に作ってみてはいかがでしょうか?

楽天カードを作ってみる

 

あとがき

NHKを解約できれば一番節約になるんですが、それは言わないお約束。

2017年の最高裁の判例により、テレビ(受信設備)があればNHKの契約を強制することが認められてしまいました。

 

頼んでもいないのにインターネットメディアとして進出したことにより、これからはスマホやパソコンを持っているだけで受信料の徴収対象となってしまいます。

この判例により端末が無いことを理由にNHKを解約できる可能性はほぼ絶望的となりましたので、少しでも安くなるように契約を見直す必要性は一層高まりました。

 

実質的なスマホ税となってしまったNHK受信料。支払方法を見直すことは節約ではなく節税と表現したほうが正しいのかもしれませんね。