よよぱちの今日から始める米国株投資

よよぱちの今日から始める米国株投資

過去記事の整理・更新のため記事の殆どを一度非公開にしています。びっくりさせてごめんね!

ボーナスを投資で増やそうと思うな!!

f:id:yoyopachi:20181208140048p:plain

ボーナスを期に投資家になるぞ!

こんにちは!よよぱちです。

この記事を書いている12月はサラリーマンが浮足立つボーナスシーズンです。ボーナスの使い道を考えるだけで楽しい季節となりました。

まとまった現金が手元に来るとあって、「これをきっかけに投資を始めよう!」と考えている人も少なくないと思います。よよぱちも最初の投資資金はボーナスから捻出しました。懐かしいな~

 

でもまあ、ボーナスを握りしめて投資を始めた人は大抵失敗します。それはなぜかと言えば、ボーナスを投資で増やそうとするからです。え?どういう意味かって?それをこれから説明します。

 

 

投資で一時金を増やそうとすると超ハイリスクになる

“ボーナスを投資で増やす”と考えるのは、お札を握りしめてパチンコ屋に入るのと同じです。普通のサラリーマンのボーナスなんて高くて100万円程度、もっと少ない人が大半です。たったこれだけの資金を元手に満足できるリターンを出すことはほぼ不可能です。

 

行きつくところは短期投資となり、大抵は少ない投資資金でたくさん買える低位株や、レバレッジの効いたETFに投資することになります。しかし、そういった参加者がボーナス期に現れることすら株式市場は織り込み済みです。仕手株に狩られるか損失確定を繰り返す羽目になり、余程の豪運が無い限り突っ込んだお金は半分以下になるでしょう。

 

俺ならできる!と誰もが思います。しかしサラリーマンは情報収集している時間も市場を見守っている時間も本業の人には及びません。その上参加したばかりの初心者とあってはカモネギも良いところです。まずはそこを自覚してください。

 

投資は総資産をゆっくり増やすのが安全

当ブログはVTIやVOOの積立投資を推奨しています。これらは米国を本拠とする主要企業に分散投資ができる投資信託であり、信託報酬は低く成長性はとても優れています。

 

これらの銘柄に投資しても、得られるリターンは高くて年率10%程度です。また、これは直近の米国経済の成長が凄まじかったから得られたものであり、これからもそうであるとは限りません。精々7%程度に収束するとの見方が一般的です。

 

サラリーマンの投資とは本来そんなもんです。本業で資金を稼ぎ、少しずつ総資産を増やしていく、これが最も安全で確実です。すぐには増えませんけどね。

 

 

ロボアドに突っ込んで放置してみては?

難しいことを考える間に投資熱が冷めそうだから、とにかく始めるだけ始めたい!という方にはロボアドバイザーがおススメです資金を入金するだけで勝手に運用してくれるため、とても簡単に始められます。

 

よよぱちはウェルスナビを使っています。100万円以上運用していますが、相場を気にせず放置で良いのはすごく楽ですね。

 

初期投資額は10万~30万程度で良いと思う

投資で短期間に劇的に資金を増やすのは無理と割り切った上で投資を始めるとしても、必ず経験することになる「資金がマイナスになる痛み」への耐性がどの程度あるのかは人によって違います。

 

最終的には資産がマイナスになっても良い高配当株や成長銘柄に投資することでメンタルを保てるようになる必要があるのですが、最初はとにかく値動きが不安で不安で仕方ない日々を過ごします。

 

このメンタルは一番危険で、ちょっとでもマイナスになるとすぐに売却して損失を確定させる失敗が頻発します。これはもう通過儀礼のようなもので、最初は痛みを知る時期と言っても過言ではありません。

 

投資額が多いほど減る資産も大きくなるため、最初は30万円程度を上限に投資を始めて、慣れてきたら徐々に金額を増やしていくのがメンタル面でも一番安全に続けることができます。