よよぱちの今日から始める米国株投資

よよぱちの今日から始める米国株投資

米国株を中心に投資をしつつ副業ブーストで資産形成を目論むブログ

iDeCoの掛金払込証明書が届きました

掛金払込証明書の中身

こんにちは!よよぱちです。

 

国民年金基金連合会より、iDeCoの掛金払込証明書が届きました。圧着はがきのため、剥がすときには注意しましょう。特に雨に濡れている場合は乾かしてからにしないとエラいことになります。

f:id:yoyopachi:20181027062348j:plain

 

広げてみるとこんな感じです。

引き落とし履歴と、今までに積み立てた金額、12月までの予定金額が記載されています。12月までに積立額を変えるつもりがないなら、「合計金額」欄の金額を年末調整や確定申告で使うことになります。

f:id:yoyopachi:20181027062523j:plain

申告に使うのははがきの右側部分となります。連合会の印鑑がある側ですね。紛失すると再発行には数か月かかることが予測されます。注意しましょう。

 

掛金は小規模企業共済等掛金控除になる

事前の触れ込みの通り、掛け金は小規模企業共済等掛金控除として申告することができます。年末調整でも申告可能なので、生命保険や地震保険の証明書と一緒にしておいて、会社に提出すればそれで終わりです。

 

申告上の注意点

国民年金そのものを滞納した月は掛金を控除することができない

f:id:yoyopachi:20181027065037j:plain

主に自営業の方に注意が必要です。会社員は給与天引きのため払い忘れはまずありません。国民年金保険料を滞納した月はiDeCoの掛金は還付されてしまうため、控除対象とはなりません。(画像赤線部分)

 

控除合計額が自分の想定と違うなと感じたら、これが原因かもしれません。

 

家族の掛金であっても控除することはできない

f:id:yoyopachi:20181027070023j:plain

楽天証券ホームページより

 

生命保険料控除や地震保険料、国民年金等と違い、仮に実質的な負担者が夫であっても、妻や子供の掛金を控除することはできません。

 

関連記事

 iDeCoは申し込みから実際に始められるまでにとても時間がかかります。よよぱちの場合は3ヶ月近くかかりました。早く始めるほど有利なので、やると決めたら早々に動くことをおすすめします。

www.yoyopachi.com

 

書類が届いてからホームページ上で銘柄を選ぶまでの手順を紹介しています。よよぱちは楽天VTIに全振りしています。

www.yoyopachi.com

 

「60歳まで引き出せないからiDeCoはやらない」という意見について考察しました。積立投資は基本的に資金を引き上げることは無いのだから、所得控除の特典が付くiDeCoを嫌う意味は無いと思います。

www.yoyopachi.com

 

iDeCoは職業によって積立額が違います。その点について愚痴った記事となります。余り役に立つようなことは書いてないかもしれません(笑)

www.yoyopachi.com