よよぱちの今日から始める米国株投資

よよぱちの今日から始める米国株投資

過去記事の整理・更新のため記事の殆どを一度非公開にしています。びっくりさせてごめんね!

善意にぶら下がった事業は継続できない

f:id:yoyopachi:20180918091508j:plain

 

配車サービス「CREW」が白タク規制をクリア

日本では個人が金銭を貰って送迎することは「白タク」と呼ばれ認められておらず、業界の参入障壁はとても高いものとなっています。

 シェアリングサービスの普及を妨げている原因となっており、利便性より業界の利益保護を優先する形を取っていることになります。

 

そんな折、白タク規制をクリアした配車サービス「CREW」が、東京都内一部地域で実証実験を始めました。

 車はタクシーではなく、ドライバーも登録をした一般の人が運転します。形だけ見ればシェアリングサービスそのものです。どうやって規制をクリアしたのでしょうか?

ホームページはこちら

f:id:yoyopachi:20180918092001j:plain

タクシーのように、料金を得ることを目的に運送事業を営むためには登録が必要です。

CREWを利用した場合は、乗り手はドライバーにお金を払うかどうかを自由に決めることができます(高速代やガソリン代は支払義務有)。金額も自由であり、「チップ」のような扱いとなっています。

 

運賃の支払いを任意にすることにより、法律上は相乗りと同じ分類となるため、規制の対象にはならないとしてサービスが始まりました。

しかし、これは規制を掻い潜っただけであり、ビジネスとしては多くの課題が山積みとなっています。

 

多くの問題点が存在している

汚破損対応が基本的に自己解決

ドライバーは自身の車で送迎を行うため、破汚損のトラブルは必ず付きまといます。しかし、ホームページには原則当事者間でのやり取りをしてほしいと明記されており、補償については費用の算出と割引に留まっています。

 

酔っ払いやマナーの悪い客を相手にすることが多いサービスでこれは致命的です。これでは安心してサービスを提供することができません。

 

状況管理ができない

謝礼の支払いは任意であり、ドライバー側は強制することはできません。しかし、規約を破り謝礼の支払いを迫ったり、金額の値上げを強要するケースもあり得ます。忘れ物したら中身が無事かどうかもわかりません。

 

逆に、支払い義務のある実費相当分を客が支払わないといったケースも想定されます。

 

こうした場合に、タクシーであればドライブレコーダーによる音声記録等を参照できますが、個人の車だとそうもいきません。

 

悪質なドライバーは低評価が集まることで駆逐できるとされていますが、乗り手が書く評価がどこまで信用に値するのか疑問です。

 

客の踏み倒しの場合にどこまで補償されるのかも明記されていません。支払方法はクレジットカード決済のみとなっており、現金決済は禁止されています。

 

どちらかのスマホの電源が切れてアプリが起動できなかったり、クレカを持っていなかったり、引き落としがかからなかった場合の補償はどうなるのか不明です。

ドライバーへのインセンティブが小さすぎる

様々なトラブルの可能性に見舞われながら送迎をしても、運賃を支払ってもらえるかは相手方次第というのはドライバーのメリットが少なすぎます。

 

その分管理会社がインセンティブを用意すれば良いのですが、ガソリン代の少額割引やコーヒーをサービスする程度ではつり合いが取れません。

 

ドライバーが少なければ利用者も増えませんので、サービスの拡大は難しいでしょう。

 

善意だけに頼ったビジネスは成功しない

サービスそのものは利用者の利便性を高める有用なモノだと思います。しかし、ドライバーのインセンティブが小さすぎるため、現状のままでは普及しないでしょう。東京オリンピックのボランティア不足を見ていれば良く分かります。

 

善意のサービスは一度トラブルに遭うと継続できません。続ける動機が自分の意志だけなので、やりたくないと思ったらそこまでです。

 

辞めたいと思っても継続できるのはインセンティブがあってこそです。会社勤めの方なら馴染んだ考え方ではないでしょうか。ドライバーに利益を提供することが、サービスを継続するための最も合理的な手段です。

 

しかし、白タク規制はタクシー会社の利益を守るための法律なので、そこを掻い潜ったビジネスモデルでは十分なインセンティブを提供することができません。

 

こうした理由から、「CREW」の普及およびサービスの継続は難しいと考えています。