よよぱちの今日から始める米国株投資

よよぱちの今日から始める米国株投資

米国株を中心に投資をしつつ副業ブーストで資産形成を目論むブログ

スマホのトレードアプリを見ないことから始めよう

f:id:yoyopachi:20180812205712p:plain

株式投資を始めたばかりのサラリーマン向けの記事になります。よよぱちの実体験です。また、対象は日本株であるとします。

 

株式投資を始めたばかりの頃は、自分の買った銘柄の株価が気になってしょうがない時期があります。

 

ある程度は仕方ないのですが、やるべきことを後回しにして時間を削りだしたら危険信号です。

 

仕事の合間にアプリを開いて株価を見て、5分足チャートを眺めては一喜一憂していては仕事のクオリティに影響が出てしまいます。

 

大事な時間を株価の確認に費やすのは止めましょう。

 

なぜ株価が気になってしょうがないのか?

 

それは、ボラティリティの高い低位株に無謀にお金を突っ込んでいるからです。

 

日本の低位株に初心者が手を出すのは自殺行為です。仕手株の可能性がありますし、市場に張り付くことができないので売買タイミングをつかむことが難しいです。

 

投資で勝つ秘訣の1つに自分で決めたルールを守るというものがあります。利益確定と損切りのラインを決めるというものですね。

 

初心者はこの辺のルールをそもそも決めていませんし、決めていたとしても守れません。利益が出たとき、損失が出たときの心の動きに振り回されてしまいます。

 

結果として、少額で利益確定する癖に多額の損失が出ても損切りせず、含み損を抱え続けて機会損失を被るという悪循環に陥るというわけです。

 

相場の上げ下げで精神を乱されないためには、必ず値上がりすると自分が信じられる株を買うことが重要です。

 

あとは慣れです。

 

上がることもあれば下がることもあるということを身をもって体験して、こんなもんかと身体に慣らしましょう。

 

慣れないうちに日経レバとか買ってると損しますよ。本当に。

 

米国株がおすすめなのはわかってるけど、どうしても日本株を買ってみたい!というのなら、東電株を買ってください。

 

東電株なら毎日の値動きも限定的で、株価もとんでもなく安いです。

 

生活を支えるインフラを供給する企業のため潰れることはまずありえませんし、東京オリンピックによる電力需要の高まりというプラス材料もあります。

 

誰でも知っている企業であるのも好ポイント。

 

無配転落により株価は暴落しましたが、経営改善により着々と利益を伸ばしていて、復配が決まれば株価は数倍に跳ね上がることが見込まれています。

 

初心者は東電株を通して株価の値動きを学ぶことをおすすめします。毎日追いかけていると、そのうち追いかける気力が失せてくると思います。

 

それでいいのです。自信を持って保有している株の短期的な値動きを気にする必要はありません。

 

売買を繰り返すことは利益を減らし、生活の質まで低下させてしまいます。