よよぱちの今日から始める米国株投資

よよぱちの今日から始める米国株投資

米国株を中心に投資をしつつ副業ブーストで資産形成を目論むブログ

株初心者がIPO初当選までにかかった期間は?

 

苦節2カ月!IPOに初当選しました

当選銘柄は8月2日上場のシステムサポートです。大和証券より100株当選しました。

 

クラウドサービス導入事業を主体としたサービスということで競争率が高そうでしたが、何故か引っかかったようです。

f:id:yoyopachi:20180802195352j:plain

 

当選メールを見た時は目を疑いました。本当に当たるんですね。

 

テンパって上場日の午前中時間休取っちゃいましたよ。

成行注文してほっとけばいいだけなのに・・・

 

売却益は22万5000円でした

募集価格1,750円に対し初値4,000円のため、純利益は22万5000円となりました。

f:id:yoyopachi:20180802200315j:plain

 

資産の多い投資家の方々から細々とした利益かもしれませんが、弱小投資家のよよぱちから見れば大金です。良かった良かった。

 

少ない元手で大きな利益が上げられるのがIPO投資の一番の魅力ですね。

 

初当選までにかかった時間は2か月でした

IPOを始めたきっかけは6月に上場したメルカリでした。

 

2018年最大級の時価総額を持つユニコーン企業として話題を呼んだメルカリ、よよぱちもビッグウェーブに乗るために元々持っていたSBI証券から申し込みをしました。

 

なお結果は落選・・・

 

時を同じくして大和証券にも口座を開設したのですが、とある理由で申し込みができず、振り込んだお金だけが口座で浮いていたのです。

 

主幹事大和証券から当選しました

メルカリに応募できず浮いたままのお金が勿体ないのでダメ元で申し込んだ結果、この度大和証券から当選をいただくことができたという訳です。

 

大和証券はシステムサポートの主幹事証券会社であり、割り当ての殆どが大和証券だったのが勝因だと思います。

 

SBI証券は今のところ全敗です。元手が少ないのでしょうがないですね。

MTGに至っては残高不足で抽選対象外じゃないか!

f:id:yoyopachi:20180802203344j:plain

 

IPOの良いところは、キャッシュポジションを圧迫しないこと

インフレが進めば現金の価値が低下するため、株を始めとした金融資産に変えて配当や値上がり益を享受したほうが良いとよよぱちは思っています。

 

しかし、そうはいっても現金は大事です。

 

現金が無いと暴落した割安株を買い増し出来ないし、不測の事態でお金が必要になった時に対応できません。

 

そのため資産の3割~4割程度は現金を持っておくスタンスを取っています。

 

それでも、ただ眠らせておくだけではもったいないなぁと思っていました。

 

IPOなら当選後すぐ初値で売ってしまうため値上がりを待つ必要がありません。

 

応募のためには資金が必要であることを踏まえると、証券会社に移してIPOを申し込むための資金にするのが現金に意味を持たせる扱い方だと実感しました。

 

あなたもIPO投資を始めてみませんか?

 

関連記事です。

 

メルカリに大和証券から参加できなかったのは「マイナンバーカードが無かったから」です。マイナンバーカードがあれば大和証券は即日取引ができます。

マイナンバーカードは早めに作りましょうね・・・

 

www.yoyopachi.com

 

SBI証券はIPOに応募すると落選してもチャレンジポイントがもらえます。

いっぱい貯めて勝負に備えましょう。

 

www.yoyopachi.com